プライベートクラウドのレンタルなら、A.T.WORKSにお任せください。

プライベートクラウド市場

プライベートクラウド市場IT専門調査会社の発表によると2013年の国内プライベートクラウド市場は、前年比約44%増の4,600億円になる見込みとのことです。今後の国内プライベートクラウド市場は、高い成長を維持します。なかでも、事業者データセンターを活用したプライベートクラウドが同市場の成長をけん引します。国内プライベートクラウド市場は、2012年~2017年の年間平均成長率(CAGR:Compound Annual Growth Rate)は約35%で推移し、2017年の市場規模は2012年比、約4倍の1兆4,000億円になるとIT専門調査会社は予測します。

現在、プライベートクラウドの導入形態は多様化が進んでいます。また、プライベートクラウドソリューションの仕様/機能は日進月歩で発展しており、ソリューションごとに特徴が異なります。これまでのプライベートクラウドソリューションでは、「インフラストラクチャの効率化」あるいは「産業特化型アプリケーション(共同センター型ソリューション)」が注目されてきましたが、システム間連携、アプリケーション開発/運用の効率化、さらにはビッグデータへの対応をもたらすプラットフォームとして機能の拡充が進んでいます。

多様化が進むプライベートクラウド市場において、オンプレミス型のプライベートクラウドでは「インテグレーテッドシステム(ハードウェアとソフトウェアの垂直統合型製品)」、ホスティング型プライベートクラウドでは「ディスクリートモデル(迅速性/拡張性に加え柔軟性を有した標準化したサービス)」の重要性が高まっています。また、「自治体クラウド」「農業クラウド」「ヘルスケアクラウド」に代表される業界クラウド(コミュニティクラウドサービス)は、ユーザー企業の「既存業務の効率化」から「IT(クラウド)を使った事業強化、新市場の創造」へと、サービス価値が変化していくと予想されます。

現在、経済のグローバル化、モビリティおよびソーシャルネットワークサービスの普及は、 社会/企業/個人の活動に変化をもたらしており、企業のICTにも変革が求められています。 同変革には、ソーシャル技術およびビッグデータの活用と、ICTの俊敏性強化が必要であり、サービス指向アーキテクチャ(SOA)をベースとした新しいICTプラットフォームの構築が重要となっています。 既存ITの効率化にのみ焦点を当てるのではなく、アーキテクチャの刷新を促すプライベートクラウドの導入が重要であると分析されます。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © A.T.WORKS,Inc. All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.